結納品製造直売 大阪の結納専門店松美堂
border

お宮参り

お宮参り宮参りは、子供が生まれてはじめて産土神にお参りする行事です。 お宮参りに行く日は、地方によってかなり違います。男子が三十日目で、女子が三十一日目、あるいは生後五十日目だとか、あるいは百日目だとか、諸説あって特に決まっていません。したがって生後一ヶ月くらいを標準に考え、赤ちゃんの健康を第一に、付添人、特に母親の回復状態もよく考慮して日取りを決めます。 正式のお宮参りは、母親と一緒に夫側のおばあちゃんが付き添って行きます。子供を抱くのは祖母の役目です。

服装

お宮参りの服装は、現在は赤ちゃんの衣装をセットで売っています。これは従来のしきたりにのっとった、いわば正式の衣装ですが、格別こだわることはありません。赤ちゃんにとっては初めての記念すべき外出ですから、肌着から全部、できれば真新しいものを着せてやります。付き添いの着物は、赤ちゃんにしきたりどおりの祝い着を着せた場合は、紋服とか留め袖などの正装をします。しかし、最近は無地の着物か訪問着など、略礼装で充分です。

【 お宮参りセット 】

お宮参りセット

宮参り扇子 390円+税
狛犬 980円+税
太鼓(鮫皮) 720円+税
紐銭袋 200円+税

 

【 大黒帽4点セット 大黒帽 ケープ お守り 扇子 表地/正絹 】

男児用(白)7,500円+税

出雲7点結納セット

女児用(ピンク)7,500円+税

出雲点9点結納セット